抱えすぎ 溜め込みすぎ。依存しすぎ させすぎ。 求めすぎる事。

仁義礼智信 という中国の儒家の教えがある。 平和思想であり道徳的であり、良い面もある。  どんな教えも、その基本ベースとなる部分が大切である。 人間であることと、お互いが重要な存在である事。 アドラー心理学と仏教に感じる […]

世界指標数値化_分析の方法

「過大視本能」 目の前の出来事だけが重要であるかのように勘違いしてしまうこと。この人間の本能に対抗すべきテクニックの一つとして “直感と現実がどれだけかけ離れているかを知らしめるために世界中のデータをビジュア […]

変化は恐れるものではなく楽しむもの。byラドヤ ード・キプリング(英国の詩人)

今回は見え方を疑い、世界観を変えることを恐れずに楽しむことの重要性について ・売り上げとは 社会課題解決について感謝された値=売上 です。 売上、数字も捉え方次第です。 「数字のことばかり」 「結局数字でしか物事を測れな […]

習慣の成果物として個性とか自分らしさが出来上がる

もし、変えたいと思う体質、状態、心理、体型、思考、癖などがあるなら、以下の方法が有効。 変更対象の習慣を身につけるために流れた時間を基準に3,000時間から10,000時間以上にフィルターして(習慣は変えられる論があるが […]

問題を解決するためにはその解決に適したアルゴリズムを知らなければならない

このアルゴリズムはアプリケーション層の話であるから、コスパよければそれを選んでよい。手軽で安いのでよい。 ただし、もっと長い目で見ると最初はそれでもよいが、良い大人になっても原理のわからない道具しか使えない人物になるとそ […]

売れることと、手元に資金が残ることはまた別の話

財務と勘定が財布と勘定の違いと体感し、実は人体の骨格の正しさと同じく経営も骨の位置が決まっている。 根本はベニスの商人が考えた資本主義の基礎、簿記、複式簿記、ストックとフローといった会計方法を骨格の基準で、「経済」という […]