質より量が重要な理由

E=mc^2

アインシュタインのこれ「相対性理論」によると質量に光の加速度の二乗を掛けると、その物体のエネルギー総量が出るらしい。

この公式は速さの重要性を証明しており、速さとはつまるところ同一時間内において増減する運動量の事=単位あたりこなせる運動量の事です。つまり運動量がエネルギーの高さを決めている。

これが、「量」にこだわった方が、「質」にこだわるよりも、大きな貢献ができる、といえる根拠ともいえる。ですが、こちらにその物体同士の相互の影響を考えると、その関係にボーアとライプニッツによる量子論が入ってくる、そうすると状況が変わってくる。

唯物論の一つ奥行き…そこに光と物質の存在が時間による演出をしていることを描いたのが相対性理論。だとすると、更にその奥行「物質の相互作用」を考慮に入れるとどうもエネルギー総量やその質に、様子が変わってくるらしい。

具体的な実験がある。
※続きは指針の書 スピードの美学 にて

問題を解決するためにはその解決に適したアルゴリズムを知らなければならない

このアルゴリズムはアプリケーション層の話であるから、コスパよければそれを選んでよい。手軽で安いのでよい。 ただし、もっと長い目で見ると最初はそれでもよいが、良い大人になっても原理のわからない道具しか使えない人物になるとそ […]

心許ない時は、過去や元々の知り合いに期待する

自信がある時は、未来や未知の出会いに期待する。 これらは、真理と逆である。 心許ない時は、未来の未知にこそ期待をかけ、自らに発破をかけて挑戦をする。過去に対しては期待ではなく感謝を与える事に徹する。 逆に自信がある時は、 […]

売れることと、手元に資金が残ることはまた別の話

財務と勘定が財布と勘定の違いと体感し、実は人体の骨格の正しさと同じく経営も骨の位置が決まっている。 根本はベニスの商人が考えた資本主義の基礎、簿記、複式簿記、ストックとフローといった会計方法を骨格の基準で、「経済」という […]

知足と独創性と経済的野心の関連性

・好きにやらせてあとでなんとかする。 ・変態性とわがままは個性と捉えて、理屈と聞き分けの良さは処方術と見極める ・まず発見を見よ、次に表現を見よ。 インプットは精緻かつ、心の目(観)を得る目的が大切。 アウトプットは決ま […]

過去の統計をいくらとったところで、その中に君はいない

過去のノウハウや実績というのは、これまでを深化させる手法。 そして、実はこれまでを深化させることは、 自分にとって、人類にとって ”進化” ではないかもしれない。それは、魚がより水の中で最強になる方法を模索して強く進化し […]

量子力学と情報 郵便と占い これらは易の関係で紐解ける

これらは複雑系と言われる流れの中でいつか解明されるかも知れない。日本人の科学者はそもそもが八百万の神ベースの思想があるからか、相互に影響し合うこととの分析は理解しやすいらしい。 現時点では、非常に大雑把ではあるが時代は繰 […]