振り子の法則で考える

現代の中華思想の正体は儒教の中でも仁を中心として日本では武士道まで昇華した高い精神性とは真逆の様な略奪思想。 アメリカか中国か、どちらが覇権国か?のような論調があるがあまり意味はない、思想と結果で観ると、中身は同じことに […]

部下が育たない事に関して一切の責任は上司にある

ただし、上司がその責任の範疇を認識するに当たって、 ・個人的な人間としての成長の段階で得ることができなかった承認 ・チームのリーダーとして求められるポジションに対して達成できなかった「教育」という責務 とをまぜこぜにして […]

就職希望者をご紹介します(紹介業ではないです)

よくある話ですが、人手不足でお悩みの会社さんの話を多く耳にします。 新卒が集まらない、とかは有名な話で、加えて特にそれが原因での事業ストップ、事業を売却など耳によくないです。 売却が悪いのではなく理由がよくないのではと。 […]

AIの個別視座と心の全体視座

AIを巡る懸念や不安がなぜ生まれるのか。それは現代人が心よりも脳が優れていると思いそういった社会をつくってきたからである。当社は心中心の世界を作ろうと思っているので、明確なこの驚異との線引を捉えることが出来る。 たとえ人 […]

地政学×自然分析×文化人類学=UX,UI,コミュニケーションに於ける適切なインターフェイスの解

これはどういうことかというと、例えばDNAに刻まれたそその地域、その文化、その環境でそだった人々が視覚的に見続けた色に対する印象の強さを分析してしっておくということ。これを製品や交渉の際の色に使う。 例えば中東では砂漠の […]

習慣とインターフェイス

習慣が身につかない、と悩む人、それ以前に習慣を変えたいとといった欲求自体がないので習慣の重要性が分からない人、そういった方限定の話として展開します。 習慣はインターフェイスである。 インターフェイスは育てていくものであり […]

父性と母性と対象性

木々の葉っぱは常識的には緑である。 だが色という存在そのものが光の反射なので、元々万物の色は透明(自由自在)である。そこに色素が(電荷と光子の相互作用によって)特定の光を食べて反射して、色となる。 そして葉っぱの場合は、 […]

たったそれだけのことに過ぎない

しかし、幾重もこれ以上もない軌跡が現象化している。 それは今日も目にする目前の奇跡の風景達である。 それは重力から始まって光を得る事で認識に至っている。 たまたまに過ぎない上でこの上ない運命、宿命、この先の事をそういった […]

地球には重力がある

と言う認識は間違いで、重力があるから地球があるという話を先日全体会議でしました。 例えばこの場合地球には重力があるという認識は、間違っています、という指摘をしましたが、厳密にはどういうことなのかそれは(地球には重力がある […]