たったそれだけのことに過ぎない

しかし、幾重もこれ以上もない軌跡が現象化している。

それは今日も目にする目前の奇跡の風景達である。

それは重力から始まって光を得る事で認識に至っている。

たまたまに過ぎない上でこの上ない運命、宿命、この先の事をそういった物理では表現できないため、言いようがないので人は「運」次第だ、という。

しかしこの運の認識が入り口で、それが運命、宿命への三段活用の入り口となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*