量子力学と情報 郵便と占い これらは易の関係で紐解ける

これらは複雑系と言われる流れの中でいつか解明されるかも知れない。日本人の科学者はそもそもが八百万の神ベースの思想があるからか、相互に影響し合うこととの分析は理解しやすいらしい。

現時点では、非常に大雑把ではあるが時代は繰り返す という誰かのセリフをもとにそのサイクルをもって我々は、自己や自国優先主義の世の中の先にアイ(I)デアより更に自由解釈の連続の先に作られるウィ(We)デアを目指したい。

集団に対して起きた問題や繰り返しの中で根底にある紐解きが難しい問題の解決は集団による解決が望まれる。

誰かに支配された世界は支配者ばかりに都合が良い。

誰かとは個人である。我々が集団である理由。多くは集団の中で平均的なことに満足して平和と心の満足を望んでいるなら、システムを正義としる組織論と”前提条件以外のコントロールの外の複雑性”を考える易を集団のアイデアに取り入れたい。

自己は世界を自己の中に映し出し、世界全体を集約的に”表現”しているので、この表現の変化を抽出するインターフェイスとシステム的な組織論を 結合させることに意味が深くあると考える。

これは陰陽道、水戸学、量子論、無の哲学などに科学的な視点を加える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*