部下が育たない事に関して一切の責任は上司にある

ただし、上司がその責任の範疇を認識するに当たって、

・個人的な人間としての成長の段階で得ることができなかった承認

・チームのリーダーとして求められるポジションに対して達成できなかった「教育」という責務

とをまぜこぜにして考えてしまってはいけない。

これは事実と認知を人間の脳は混ぜこぜにしやすいという欠点がある為、どうしても混同していることにも気づかず落ち込んだりする。

鬱などはこの混線状態から出発する。

個人と仕事を限りなく同化させて、成長の加速度を上げていこうとする責任の重いポジションにつくあらゆる責任者、管理職、あらゆる場面で上司的意味合いが強い位置で動くことのあるビジネスマンに対して起こりうるジレンマである。

リーダー的役割とは、仕事としての役割が人との関わりあいの要素を深く持てば持つほど全人格と全時間も燃料として投下して進めないと物事が解決していかないケースは常にある。

だからこそ、今、そこで、本当に求められれていること。

背景から現在まで分解し、それを冷静に自分の呼吸として取り戻して常に成果に対してクリアにやるべき事を引き寄せる必要がある。

これを、何もない日でもいつでも即座にできるようにする訓練、ノイズに騙されない訓練、気持ちや感情の根幹の原体験をコントロールする訓練。

それの一つが瞑想。

そしてそれが ”道の先々をよくする” 運びをよくする “運” に繋がって、次に身に起きている現象に人間の脳は簡単に騙されるので、身をクリアかつタフにしておく必要がある為、体についての学問、医学や体と万物との繋がりということで波長や波動、自然学が関係してくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*