地政学×自然分析×文化人類学=UX,UI,コミュニケーションに於ける適切なインターフェイスの解

これはどういうことかというと、例えばDNAに刻まれたそその地域、その文化、その環境でそだった人々が視覚的に見続けた色に対する印象の強さを分析してしっておくということ。これを製品や交渉の際の色に使う。

例えば中東では砂漠の赤を遺伝的に見すぎて赤を強くださないと見えづらく日本では海を見続けてきたので青を強く出す必要がある。

実際にその様な調整をテレビなどでは行っている。

民族による色の立場の違いを理解する。これを皮切りにして自然との接点も分解していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*